理想の結婚相手と出会うための3つの思考と3つの行動【引き寄せの法則】




こんにちは、関根です。

今結婚相手を探している場合、「理想の人の結婚できないかなぁ」と考えたりしませんか?

もうこの際妥協しちゃってもいいや!  と諦めの気持ちが出てしまっているかもしれませんが、できることなら理想の人と結婚したいと思うのが人間の性(さが)というものですよね。

そのためにはまず、理想の人を明確にして、その理想の人と出会っていかなければ何も始まりません。

ということで、今回は理想の結婚相手と出会うための3つの考え方(思考)と行動についてお話していきますね。

まず理想の人を明確にする

理想の人がざっくりしていては、思考や行動もざっくりしてしまいますので、まずは理想の人を明確にしなければいけません。

そして、できることなら表面上の理想ではなく、あなたが5年先も10年先も同じ理想であるものを定義にするほうが良いです。

どういうことかと言いますと、「こんな髪型が良い」というような見た目は表面上の理想であることが多く、その理想としている髪型が5年先も同じであるとは限りません。

「5年先も10年先も人の気持ちが考えられる優しい人が良い」

「5年先も10年先もひたむきに一生懸命仕事をしてくれる人が良い」

これらはしっかりと相手の心にフォーカスしているので、表面上の理想ではありません。

いろいろ理想はあると思いますが、とくにあなたが「これだけは絶対に譲れない!!」と思うものを1つ挙げてみましょう。

そしてその「理想の人」をしっかりと頭の中にインプットできるように紙に書いておきましょう。

理想の結婚相手と出会うための3つの思考

さて、理想の人が明確になったら、今度は「理想の結婚相手と出会うための思考」を実践していきます。

ここに書かれている思考は「引き寄せの法則」や「心理学」に沿っていますので、1つずつステップを踏んでいくイメージで読み進めてくださいね。

1、出会い方を制限しない

自由な発想は自由な思考を生み出し、自由な行動を促します。

現代社会においての「出会い方」は本当に様々で、リアルの社会で言えば「職場」「友達」「友だちの紹介」「婚活」「恋活」「合コン」「ナンパ」「イベント・パーティ」などがあります。

ネットの社会で言えば「SNS」「出会い系サイト」が一番有名な手段かと思います。

僕の中では「ナンパ」と「出会い系サイト」以外であればどの出会い方でも良いと思っています。

ナンパの場合は、不特定多数の人に声をかけた結果、たまたまあなたに声をかけたかもしれませんし、お付き合いをしたり、結婚をしてからナンパをしない人になるかどうかはわかりません。

一度でもナンパをしたことがある人は、二度目はすんなりできるものです。

ですが、ナンパからの出会いで結婚して今では幸せな家庭を築いているご夫婦もいらっしゃるので、すべてがダメというわけではなく、しっかりと見抜いていく必要があるという意味です。

そして出会い系サイトも同じような理由です。

出会い系サイトは出会いを目的としている人たちの集まりですので、理想関係なく出会うことは簡単です。

しかし既婚者や性行為目的で利用している人も多く、時間ばかりが経過して結果的に理想の人に出会えるまですごく時間がかかってしまうかもしれません。

それ以外の出会いにおいては、そこまでガチガチに自分の中で制限を作らないほうで発想に縛られないほうが理想の人と出会っていく確率は格段に上がります。

2、理想の人に釣り合う人になりきって行動する

引き寄せの法則では、「Be−Do−Haveの法則」というものがあります。

「お金」で例えるとすごくわかりやすいのですが、多くの人の思考は、「お金持ちになりたい(Be)」から、「お金を手に入れたら(Have)」「◯◯をしよう(Do)」と考えます。

しかしこれではお金を引き寄せることはできないのです。

正しい思考は、「お金持ちになるためにまずはお金持ちの人の気分になり(Be)、その人になりきることで、そういう人として行動することにより(Do)、理想としているお金を手に入れる(Have)」なのです。

ですから結婚の場合は、「理想の人と釣り合う自分になりきり(Be)、釣り合っている自分として行動することで(Do)、理想の人と結婚する(Have)」ということになります。

「釣り合う自分」になりきるためには発想力も必要です。

例えば、理想の結婚相手が「心が広くて優しい人」であれば、あなたも理想の人以上に心を広くし、優しい人になりきることが必要です。

同じような波長を持った人は引き寄せ合う性質があります(波長の法則/類は友を呼ぶ)ので、理想の人と同じような波長(気分やエネルギー)にならなくてはいけません。

3、人に嫉妬しない、人を傷つけない

これは「人として」は当たり前の思考であってほしいと願っています。

「人に嫉妬しない、人を傷つけない」の理由は、自分自身の波長(気分)やレベルが下がってしまうからです。

人に嫉妬する思考は「憎しみ」の思考とほぼ同じで、自分が発した憎しみは他者からの憎しみを生み出します。

人のことを憎み、さらに他人から憎まれている人を誰が愛してくれるでしょうか。

波長を高く(気分の良い状態)保つことで、あなたの精神レベルはどんどん上がっていき、考えること(思考)がポジティブで良い方向に物事を捉えられるようになり、その思考が行動を後押ししてくれます。

理想の結婚相手と出会うための3つの行動

さて、今度は行動です。

思考を変えていく方法を覚えたら、今度は実際に動き出してみましょう。

1、チャンスを逃さず勇気を出して人と会う

思考が変わると、あなたの高い波長に引き寄せられてチャンスが訪れる機会が増えてきます。

ここでチャンスをチャンスとして捉えずにいると思考を変えた意味がなくなってしまいますので、まずは「これはチャンスだ!」と気付き、少し勇気のいることであっても、人とどんどん会いましょう。

チャンスはいつでもわかりやすいものであるかどうかはわかりません。

「ピンチはチャンス」という言葉があるように、一瞬「いやぁ、参っちゃったなぁ」と思うことかもしれません。

参っちゃったとしても、ポジティブに物事を見ていくとそれはチャンスだったりしますので、ネガティブな思考(嫉妬も)にならないように自分自身のマインドをコントロールしていきましょう。

2、笑顔を絶やさないこと

笑顔はどんなときにでも効果のあるサプリメントです。

すごく簡単なことではあるのですが、実際に笑顔を絶やさないようにするのは結構難しいことです。

笑顔には笑顔が集まり、あなたがもっと笑顔になれる環境や状況を導いてくれます。

絶対に、笑顔を絶やしてはいけません。

3、自分を憐れむ気持ちは捨て、依存しないこと

「思考」でもあるのですが、敢えて「行動」の3番目に入れました。

自分を憐れむ気持ちとは「かわいそうな私」を演じることです。「自己憐憫(じこれんびん)」ともいいます。

例えば、大好きだった彼にフラれた過去があったとします。その彼にお金を貸していたのに、返済されずに別れ、音信不通になってしまいました。

多くの人は「かわいそうな私」と無意識に感じ、それを演じます。

しかし、「かわいそうな私」を演じて続けてもこの先本当の幸せは訪れません。

「かわいそうな私」を演じていれば、周りの人からは同情されて居心地が良く、楽なのですが、「考えること」をしなくなったり「学び」に気付いていくことはできないので、成長できないんです。

過ぎたことは過ぎたこと。むしろ、それを味わったからこそ「得られたもの」を必死に探すべきです。

そして、人や物や状況に依存をしないことも大切です。依存の対象となっているものが無くなってしまった場合、結果的には自分の心を傷つけてしまうのです。

【騙される人と騙す人の心理】騙されやすい人の特徴3つと騙す人が行っている戦略

2018.04.03

依存心の危険さについて書いている記事がありますので、もしよろしければ。

正しい思考と正しい行動で引き寄せる

理想の結婚相手と出会っていくためには、相手や状況、環境などの必要な要素を引き寄せていくしかありません。

引き寄せの法則は多くの知識と経験がないと少し難しいのですが、正しい思考と正しい行動を行なっていけば十分に実現できることです。

今現在自分自身がどの位置にいて、まずは何からしていったらわからないという方は、下の記事を参考にしてみてください。

【結婚したいのにできない!】まずは自分の居場所を明確にしよう

2018.04.18

理想の人と結婚し、ウェディングドレスを着て結婚式を挙げているイメージをして、ワクワクした気持ちを常に抱いてくださいね。

そのワクワクはあなたの波長を高く保ってくれますので。