将来の不安や迷いや悩みを解決する「成功者が行っている」たった1つの方法。




こんにちは、関根です。

若い人であれば自分が将来どうなるのか、今のままで大丈夫なのかな?という不安があるかもしれません。

自分自身の進むべき道に悩んでいる人、なかなか悩みが解決できない人もいます。

しかしその半面、なにをやってもうまくいく人、世の中の「成功者」と呼ばれている人もたくさんいるのですが、この人たちはどんな思考で、そしてどんな方法で毎日を過ごしているのでしょうか。

今回は、将来の不安や迷い、悩みを解決する「成功者が行っている」たった1つの方法をお話していきますね。

学び続けることが唯一の解決法

成功者が行っているたった1つの方法は、学び続けることです。

「学び続ける」というのは、何らかの分野における勉強、そして失敗を恐れずに挑戦し続ける「トライアンドエラー」です。

カーネギー鉄鋼会社創業者のアンドリュー・カーネギー(Andrew Carnegie)は次のように述べています。

私は特別な人間ではない。

しいて言えば普通の人よりちょっと努力しただけだ。

「ちょっと努力しただけ」という謙遜さがありますが、凡人には予測もつかないような、血のにじみ出るような努力だったんだと思います。

そして、ソフトバンク創業者の孫正義氏は次のように述べています。

事業の成功は、精一杯チャレンジを続けていれば、後は確率論の問題です。

事業(ビジネス)においては、トライアンドエラーが大切であるということを証明しています。

学びを終えてしまう恐怖

ビジネスには「始まり」はあっても「終わり」はありません。

例えば、目標が月100万円の利益だった場合、それが達成した瞬間に学びとチャレンジを終えてしまうのであれば、きっと「継続して毎月100万円」を稼ぐことは難しいはずです。

現代社会においてはYou Tubeやアフィリエイトブログなどで自動的に収益を発生させる仕組みはありますが、この方法で毎月100万円を稼げる人はごくわずかの人たちだけです。

成功者は、誰よりも失敗を経験した人たちです。

ですから、学ぶことやチャレンジすることを辞めてしまい、そこでストップしてしまうことを誰よりも恐れています。

プロ野球選手も同じだそうです。

前年に好成績を残した打者であっても、今シーズン「もっと打率を良く使用」「もっとホームランを打ちたい」と向上心を持つことで、今一度打撃理論を学んだり、打撃フォームを改良したり、試行錯誤している選手もいます。

解決には知識と経験が必要

「もっと収入を増やしたい」という悩みがあったとします。

では、収入を増やすためにはなにが必要でしょうか。

それが「学び」に隠されていて、収入を増やすためには「収入を増やすための知識」が大前提として必要です。

戦略もそうですし、マインド(収入を増やすための)もそうです。

今と何も変わらない状態では、「もっと収入を増やしたい」という悩み(願い)は解決しないのです。

そして「トライアンドエラー」というのは経験をつくるための行動と確率を上げるための行動です。

何かにチャレンジして失敗すれば「教訓」にし、成功すれば「自信」にするのです。

ですから僕は、チャレンジをしない理由はないと常々思っているのです。

その他の事例も挙げてみます。

事例1:自分の将来が不安

将来が不安というのは大抵の場合「お金」が絡んでいます。

老後の不安も「お金」ですし、今の給料で子供を2人育てていけるのか?という不安も「お金」です。

これを解決させるためには、「どうすれば老後が不安ではなくなるか」「どうすれば2人の子供を不安なく育てていけるのか」を考えていく必要があります。

その考えるための材料になるのが「知識」です。

出世するための知識、サラリーマンを辞めて独立して稼いでいくための知識、これらは勉強しなければ得られないスキルです。

愚痴っても、深く悩んでも、なにも変わらないのです。

事例2:自分の進むべき道に迷っている

「努力はしたくないけど、お金は稼ぎたい」という考えを持っているのであれば、それは叶わぬ願いであり、一向に迷いから脱出することはできません。

いつしか「自分には無理だ」と決めつけ、ブレなく進んでいる人に嫉妬します。

自分の進むべき道に迷っているのであれば、その解決方法は1つしかありません。

それは、自分の進みたい道が明確になるように勉強することなんです。

どのような勉強をしたら良いかわからない場合は、まずは興味のあるジャンルの書籍を手にとってみてください。

書籍は「机上の空論」になりやすい面はありますが、自分の興味を知ったり、知識を得ていくための手段としては最適です。

明日の自分はもっと成長していること

僕が常に意識していること、それは「今日の自分よりも、明日の自分はもっと成長している」です。

これを意識するようになってから、「時間」をすごく有効利用するようになりました。

1日は1440分です。

この1440分をどのように過ごすか、どれだけ有意義な時間にできるかは自分自身の行動にすべてかかっています。

1日で「どれだけのことが学べるか」を考えるだけでもワクワクします。

不安、悩み、迷いの多くは勉強すれば解決できることばかりです。ですから成功者たちは深く学び、そしてその学びをストップさせることはないのだと思います。

人は得るもので生計を立て、与えるもので人生を築く。

2018.04.12

起業すべき?それとも雇われたままで居続けるべき?これからの時代は「自己価値」です。

2018.04.06

ビジネスで悩んでいる人は、上の記事をぜひ合わせて読んでみてください。

たくさん学び、たくさん経験し、自分自身に大きな期待を抱けるようになりましょう。