関根流セルフマインドプロデュースは様々な負の出来事を回避し、自分の理想に限りなく近づける。




こんにちは、関根です。

タイトルにもありますように、「セルフマインドプロデュース」というものは簡単にいうと自分自身に「良い」マインドコントロールを仕掛けることです。

マインドコントロールと聞くと、宗教や詐欺的ななにかを連想してしまう人が多いかもしれませんが、マインドコントロールそのものは負の言葉ではありません。

有能な指導者にマインドコントロールされれば、大きな成長と結果をもたらすなんてことはよくある話です(スポーツ選手や一流コンサルタント等)。

セルフマインドプロデュースとは

セルフマインドプロデュースというのは、自分で自分の心を支配することです。

「支配」というと難しく聞こえてしまうかもしれないので、「自分の身は自分で守る」「人に流されない」「自分の心を自由自在に操る」「良し悪しの正しい判断をする」などに置き換えてみてください。

とても大切なことだと感じませんか?

僕は過去カウンセリングやコンサルティングをしていく中で、最終的には「セルフマインドプロデュースこそすべてである」という考えに至りました。

精神不安定な状態や精神疾患を改善していくときも、結局は自分自身の心を上手にコントロールできるかどうかですし、起業する場合でも経営者マインドやマーケティング、ブランディング、集客を考えていく上でも「自分自身の心」がしっかりしていないと上手くいきません。

恋愛だってそうですよね。

誰かに依存をしているようではそれは「本当の自分」ではなく「相手に合わせた偽りの自分」です。それではいつフラれてしまうかも不安でしょうし、心から幸せを感じる恋愛なんてできないんです。

セルフマインドプロデュースの方程式

セルフマインドプロデュースの方程式を考えてみました。

「気付き」×「思考」×「戦略」×「行動」=「理想の結果」

これです。

ちなみに僕はこの法則を「引き寄せ超感覚術」と呼んでいます。

これをひとつずつ掘り下げていきますね。

良い気付き

僕が思うに、気付きには2つの見方があって、自分自身のこと対象となる物事の本質です。

自分自身のことに対する気付きは、自分自身が知らなかった(気付いていない)自分を知ること、そして自分自身を再認識することです。

対象となる物事の本質というのは、恋愛であれば女性の本質、男性の本質、恋愛の本質、男女間の本質などです。

ビジネスであれば、ビジネスの本質、お金の本質などです。

この部分をしっかりと考えていかないと「理想の自分」を手に入れることは厳しいです。

こなつ
自分自身のことなんだから、とくに自分自身のことはよく知っておかないといけないよね!
関根
そうだね。自分自身のことを知らずになにかをしようとするとどうなるか・・・。必ず深く悩んで、理想の自分を手にするまでにすごい長い時間がかかったり、周りの意見に流されたり、途中で諦めてしまうんだよね。

良い思考

思考というのは「考え方」や「マインド」ですね。

例えば、「人生つまらない」という思考の人は、人生がつまらなくなるような出来事が起こりますし、「人生は日々学びだ!」という思考の人は、様々な局面において学びを得て、どんどんと心も知識も成長していきます。

こむぎ
「おやつ食べたい!」っていう思考でいるから本当におやつもらえるのかな?
関根
それはちょっと違う(笑)それだったら「食べることは幸せなこと」っていう思考なんじゃないかな?

思考は気分を作るんです。

だから理想の自分を手に入れるためには、ポジティブな思考でいることが理想的です。

ネガティブな思考の人でも理想の自分を手に入れている人もいますよね?

これは、ネガティブな思考の中にも「理想を手にすることへの気持ち」はプラスなものであり、さらにはネガティブ(=不安など)な思考によって自分を鼓舞しています。

つまり、努力をし続けるということです。

戦略

戦略は、どのように理想の自分を手に入れていくか、またどうすればそれが手に入るのかという「作戦」ですね。

戦略には「直感力」「分析力」「知識」「経験」が必要です。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるのような作戦でも余程の強運の持ち主であれば良いですが、たいていそう上手くはいきませんよね。

行動

行動しなければなにも始まりませんし、なにも得られません。

「気付き」を得て「思考」を変え、「入念な戦略」を練って行動することで、「理想の自分」を手に入れられやすくなるのです。

これらの工程を踏むことによって無駄な行動をしなくて済みます。

どれかが欠けてもダメ

「気付き」「思考」「戦略」「行動」の4つは常に1セットであり、どれか1つでも欠けてはいけません。

だから、僕が考えている方程式はかけ算なのです。

「気付き」×「思考」×「戦略」×「行動」=「理想の結果」

「欠ける=0」ということは、「気付きが100」「思考が100」「戦略が100」であっても、「行動が0」ならば答えは0です。つまり「理想の結果」は手に入らないということです。

成功事例を思い浮かべるとわかりやすい

この方程式が果たしてどうなのかは、自分自身の成功事例を考えてみるとすごくわかりやすいと思います。

例えばあなたが、ものすごくタイプの人と付き合えたことがあった場合、そのとき自分の気持ちをしっかりと認識し、ポジティブに物事を捉えたり、どうすればその人と付き合えるかを必死に考え、その戦略に沿って行動しませんでしたか?

もし成功事例がない人は、僕のブログを読んで情報やノウハウを知り、どんなに小さなことでも良いのでなにか自分の理想を手に入れてくださいね。

セルフマインドプロデュースは身を守る

インターネットの普及に伴い、詐欺もどんどん増えています。

ふわふわした状態の人、欲深い人、依存心がある人は物事の本質を考える前に飛びついてしまうことも多く、とても騙されやすい傾向にあります。

お金に限らず、女性であれば性関連の被害もすごく多いじゃないですか。

未成年者であれば親御さんが守ってくれるかもしれませんが、一歩外に出たら、はたまた成人なら誰も助けてくれませんから、自分で自分の身を守らないといけません。

自分の行動(=結果)の責任は、すべて自分にありますからね。

言葉巧みに人の心を操り、騙そうとしてくる人はたくさんいますから、「物事の本質を見極める力」を身に着けて、自分という核をしっかりと持った行動をしなければいけません。

「騙されない人(=理想の自分)」になることを手に入れたい場合も、先ほどお話した方程式で手に入れられます。

精神不安定(うつ病など)も変えられる

これからの時代、うつ病や対人恐怖症、境界性人格障害、その他様々な精神疾患はどんどん増えていきます。

理想の自分というのは「病気に左右されない生活」や「症状を克服すること」というものでも置き換えることができるのですが、これも4つのキーワードが入った方程式で可能です。

実際に僕はこれまで600名以上の方のカウンセリング(及びコンサルティング)をしてきたのですが、特例を除き基本的にはすべてこの方法で行なってきました。

精神疾患を患う方はものすごい多いのですが、「病気を治したい」とただ漠然と考え、病院に行き薬を飲んでいるだけでは症状はなかなか良くなりません。

理想の自分を抱き、そこに向けてアプローチをかけていくことで「自然に」病気による症状がでなくなったり、悲観的に捉えていた物事を前向きに捉えるようになったりして、最終的には「病気の克服」をサポートしていました。

その他の「理想の自分」について

理想の自分というのは、「自己成長」に繋がる「精神面の改善」や「騙されない人」以外にも様々なジャンルがあります(「理想の自分=心からの願い」のようなもの)。

恋愛・結婚系

「理想の人と付き合いたい」「相手から心から愛される人になりたい」「結婚がしたい」「子供がほしい」「浮気されない自分になりたい」など。

起業・ビジネス系

「起業してサラリーマン時代より稼ぎたい」「交渉術を身に着けたい」「副業してお小遣いを稼ぎたい」など。

僕はこれまでの経験から、「自己成長系」「恋愛・結婚系」「起業・ビジネス系」の3つのジャンルの戦略とプロデュースを得意としていますので、セルフマインドプロデュースできるようになるように、僕が戦略とマインドのプロデュースを行なっています。

要するに、セルフマインドプロデュースのためのマインドプロデュースといった感じですね。

超感覚の最大のメリットは、物事の本質を見極める力です。

2018.03.30

僕の得意なことを記事にしていますので、もしよろしければ上の記事もどうぞ。

 この記事を書いた人
関根 浩平(Sekine Kohei/CekineCo)
コムコナ合同会社CEO/超感覚カウンセラー/マインドプロデューサー/起業プロデューサー

詳しいプロフィール