彼氏・彼女との喧嘩における理想的な仲直りの方法




こんにちは、関根です。

カップルにおける喧嘩は付き物のようで、愛を深めていくためにもときには必要な行為と言えます。

もちろん喧嘩にならずにお互いの意思疎通ができれば素晴らしいことですが、感情があるもの同士ですし、日々の体調や状況も変わってきますから、すべてが理想通りにはいきません。

また、喧嘩したがゆえに別れてしまうカップルがとても多いのは言うまでもありません。

では、大好きな恋人と別れないために、どのような仲直りしていけば良いでしょうか。

今回は、彼氏・彼女との喧嘩における理想的な仲直りの方法についてお話していきますね。

友達との喧嘩における理想的な仲直りの方法。

2018.09.05

友達との仲直りの方法については上の記事を参考にしてみてください。

ぜひ持っていただきたい大切な意識

まず多くのカップルが喧嘩の際にやってしまうことがあります。

それは「誰が悪い」を決めようとすることです。

一見、彼氏に何らかの問題があり、「彼氏が悪い」となったとします。

彼氏が「ごめんね」と謝り、彼女もその謝罪を受け入れて仲直りできたとしても、これは本当の解決とは言えない場合があります。

というのは、彼氏が仕方なく謝ったかもしれませんし、仲直りしたいがために謝ったかもしれませんし、面倒くさいから謝ったかもしれません。

謝られた側の彼女は「彼氏が悪い」となり、彼氏に謝ってもらっていくらかスッキリしたかもしれませんが、果たして彼氏はどう思っているでしょうか。

これが原因で次の喧嘩を勃発させてしまうかもしれません。

また、彼氏の中でのモヤモヤした気持ちが消えずに、彼女への気持ちが冷めていってしまうかもしれません。

 

ここで持っていただきたい大切な意識は、「誰が悪いかではなく、どちらにも原因がある」ということをお互いに認めることです。

喧嘩の内容により「自分は絶対に悪くない!」と思いたくなる気持ちはわかりますが、恋愛は2人の問題ですから、どちらかが一方的に悪いということはなく、どちらにも何らかの問題があるのです。

冷静に話し合おう

言葉にするのは簡単なことですが、これはなかなか難しいことです。

どちらかが興奮しているようではこれは実現できませんし、そもそも「話し合い」になりません。

「話し合う」というのは、それぞれが自分の思っていることを相手に伝え、相手の意見にも耳を傾けることです。

例えば彼氏が浮気をしたとします。

最終的な不貞行為をした彼氏が悪いのは言うまでもありませんが、「なぜ浮気をした?」が問題です。

彼氏の意見としては、「愛を感じなくなった」「相手にしてくれなくなった」などの理由があるかもしれません。

言い訳にしているだけでなく、これが真実だった場合は彼女側にも問題があります。

彼氏の気持ちをおろそかにしていたかもしれませんし、彼氏の存在を当たり前にしていたかもしれません。

仲直りというのは、どちらかが謝って終わりというものではなく、今後どうしていくかをきちんと話し合った上で、お互いが納得できた場合に成立します。

自分の意見を隠さないこと

中には、「自分の意見が言えない」という人もいるかと思います。

これには「嫌われたくない」という心理がはたらいていることもありますし、自分の意見をうまく伝えられないという精神的な特質であることもあります。

仲直りを望むのであれば、嫌われるのを覚悟で自分の意見を言わなければ、結果的に良い関係にはなりません。

自分の意見をうまく伝えられないのであれば、LINE(メール)で送る、手紙を渡すなど、自分自身ができることで工夫してみてください。

「自分の意見」というのは相手への文句ではありません。

ですから、伝え方さえ気をつければ嫌われることなんてほとんどありません。むしろ、自分の意見を伝えなかったほうが相手は憤りを感じたり、悲しい気持ちになるかもしれません。

話し合いの蓄積が信頼に変わる

「話し合い=コミュニケーション」です。

コミュニケーションがしっかりと取れているカップルは信頼関係ができていると言えます。

当たり障りのない会話、表面上の会話は本当のコミュニケーションではありません。

交際期間の短いカップルだとしても、話し合いを繰り返していくことによって相手を信頼できるようにもなりますし、愛も深まっていきます。

交際期間が長いカップルは、話し合いを疎かにせず、「居て当たり前」「何かをしてもらって当たり前」と決して思わないように、しっかりと相手の心を見ていきましょう。

「居なくなってから気づいた」では遅いのです。

結婚生活がうまくいかない夫婦の5つの特徴と原因

2018.05.31

旦那にイライラする原因と解消法&夫婦関係を良好にするコツ

2018.05.13

できるイメージを持つことで自分の成し遂げたいことが実現する。

2018.07.24

依存心と愛情の違いは?あなたは恋人を本当に愛していますか?

2018.06.24
 この記事を書いた人
関根 浩平(Sekine Kohei/CekineCo)
コムコナ合同会社CEO/超感覚カウンセラー/マインドプロデューサー/起業プロデューサー

詳しいプロフィール