要注意!悩みや困難をすぐに解決したいと思っている人はとても危険です。




こんにちは、関根です。

悩みや困難な状況を今すぐになんとかしたい気持ちはよくわかります。

人間誰しもが「早く楽になりたい・・・」って思いますもんね。

しかし、実際にはどんなカウンセリングを受けても、どんな本を読んでも、どんな人に出会っても、悩みや困難をすぐに解決・改善させられることは絶対にありません。

これだけは断言できます。

この世の中には、コツやきっかけは山程あったとしても魔法は存在しないのです。

もちろん僕が行っている超感覚カウンセリングやマインドプロデュースにおいても同じです。

本人の努力(意識や思考の改善/行動)があってこそ、今の状況を変えられるのです。そして僕は、そのコツやきっかけをお渡しすることしかできないのです。

とにかく相手を変えたい

DV被害で悩んでいる方、モラハラやパワハラで悩んでいる方は「とにかく今すぐに相手を変えたい」と思っていることが多く、「相手を視て(鑑定)欲しい」という要望が多々あります。

もちろん相手を視ることはできますし、DVやモラハラをする心理も少しずつ明確になってはくるのですが、これだけではただのパフォーマンスにすぎません。

目的はパフォーマンスを見るのではなく、現状をどのように良い方向へ変えていくか、どの決断を自分自身が下すかのはずです。

この目的を果たすためには、まずは相手のことよりも先に、自分自身のことを深く知り、自分の良いところや課題点を明確にしなければその先の改善はありません。

傾聴がメインのカウンセリングであれば、「DVやモラハラの相談」という名目で、現状をカウンセラーに聞いてもらうのも良いと思います。

しかし、話を聞いてもらって一時的に気が楽になったとしても、それは根本からの改善にはなりません。

物事の改善にはステップがある

根本からの改善を目指すのであれば、それがどんな悩みや困難であっても、現状と目的地を明確にし、どのように進んでいくかのステップ(僕はカリキュラムと呼んでいます)を組んでいく必要があります。

より具体的にお伝えすべく、わかりやすく例えてみます。

料理が大の苦手で、上手になりたいと思って料理教室に通ったとします。

初日で料理の腕は上達し、満足のいく料理が作れるようになるでしょうか?

考え方はこれと同じで、まず具材の切り方(もっと言えば包丁の持ち方)や切るスピード、具材の相性、調味料を知る、火加減、盛り付けなどなど、学ぶべきことはたくさんあります。

この場合も、以下のようにまずは現状と目的地を設定します。

現状:料理が大の苦手
目的地:素早く美味しい料理が作れるようになりたい

この2点を知った上で、「どのように目的地にたどり着くか」を考えていきます。

闇雲にやる場合は数をこなさなければいけませんから、それはとても非効率で、そのためにステップを組んでいきます。

ステップ1具材の切り方
ステップ2具材の相性/栄養素を知る
ステップ3具材の特性を知る(茹でる時間、炒める時間、効果など)


※料理に詳しくないので、ステップの内容についてはご容赦ください。

このように、順を追って知るべきことややるべきことを明確にしていくことで、迷子にならず、迅速に確実に目的地へたどり着くことができるようになります。

これが「結果を変えるためのステップ」です。

このように例題が目に見えるものであれば、多くの方が「すぐには上達しない」「努力が必要」という認識になるのですが、マインド(精神)や状況の変化となると、どうしてもこのステップを見失いがちです。

さらに人間は感情がある生き物ですから、目に見えること(料理の上達、スポーツの上達)よりもステップはもっと複雑であり、目的地にたどり着くまでには様々な努力が必要です。

自己中心的な考えは良い結果を招かない

「相手が悪い」「相手が変わる必要がある」「自分はこうしているのに」「早く改善したい」というような自己中心的な考えや責任転嫁する思考性の人は、良い結果を招くことはできません。

理由は、「自分自身のことがわかっていないから」です。

自分自身のことがわかっていないということは、相手にどのようにしたら良いか、相手の深層心理などもわかっていませんし、自分のことを知るまでは相手の正しい情報を掴み取ることはできません。

もしも相手になにか変わって欲しい部分があるとしたら、まずは自分自身が変わろうとする努力を見せなければいけません。

伝え方、話し方、自分の思考や行動などなど、変わらなければいけないところは必ずあるはずです。

仮に変わらなければいけないところがとくになかった場合でも、相手に合った接し方や寄り添い方を知る必要はあるかもしれません。

相手にだけ責任を押し付けるのではなく、自分の身に起きている出来事は自分自身の責任であると考えなければいけません。

根本から改善するし、幸福感を得ること

僕のブログで伝えたいこと、そして僕が行っている超感覚カウンセリング及びマインドプロデュースというのは、悩みや困難を根本から改善し、幸福感を得ることを最大の目的として行っています。

ですからその場しのぎのカウンセリングはしませんし、ご相談者様だけが得をしてご相談者の身の回りの人が損をするような内容のご相談(誰かをだます、詐欺的な行為や願望等)はお引き受けしません。

本当に改善したい悩みを根本から改善し、今の生活や人生をより良いものにしていくためのお手伝いが僕の任務だと思っています。

そのためには「すぐになんとかしてもらえる」というような焦りや他力本願な考えではなく、確実にステップをこなしながら自分自身が努力していく気持ちでないと実現しません。

良くない出来事が立て続けに起こってしまっているような状況であれば、いち早く今の状況を脱却したいという気持ちはよくわかります。

責任転嫁をしてしまう思考クセがある場合はこの負のスパイラルを止めることは非常に難しく、「自分の考え方がいけなかったのかもしれない」と気がつくまでそれは続いてしまうかもしれません。

これもひとつの学びだと思います。

すべて相手が悪い、すべて自分が悪いという偏った考え方ではなく、冷静に物事を見て、「良し悪し」ではなく改善点を探していきましょう。

そうすれば、必ず解決の糸口は見つかります。

 

僕のカウンセリングやマインドプロデュースをご利用くださる方には、「現状を克服できる素質を持っている人」にお集まりいただきたく、今回このような記事を書かせていただきました。

いきなり申し込みするのが不安な方は、どうぞお気軽に「お問い合わせ」から一度ご相談くださいね。

多くの悩みは3ヶ月本気で取り組めば改善します。

それが事実上改善できないような悩みだったとしても、思考がガラリと変われば現状は大きく変わります。

「考え方」ひとつ変わるだけで楽になるということはよくある話です。

悩みや困難をゼロにすることだけが改善策ではなく、これらとうまく付き合っていくことも改善策のひとつなのです。

大きな変化や成長を目指すなら、なにかに依存しないこと。

2018.07.30

【メンタルブロック解除】自己成長するためには「○○と言われるのが嫌」を解決すること。

2018.07.27

夫婦(両親)の仲が悪いと子供はどうなってしまうのか?

2018.06.25

我慢?離婚?DV夫の特徴(行動心理)と対処法

2018.05.09

モラハラ夫がエスカレートしてしまう妻の3つの特徴や行動

2018.05.07
 この記事を書いた人
関根 浩平(Sekine Kohei/CekineCo)
コムコナ合同会社CEO/超感覚カウンセラー/マインドプロデューサー/起業プロデューサー

詳しいプロフィール