【メンタルブロック解除】自己成長するためには「○○と言われるのが嫌」を解決すること。




こんにちは、関根です。

このブログをお読みになっているあなたは、他人から言われて嫌なことはありますか?

ちなみに今回の「嫌なこと」というのは、言われたら誰もが嫌な悪口などではなく、自分自身に関する特徴などです。

例えば、「細くて羨ましい」「髪がストレートで羨ましい」「立派な仕事」「笑顔がかわいい」のような、どちらかと言えば褒め言葉として言われることです。

他人は褒め言葉として自分のことを言ってくれているのに、自分自身がそれを言われるのが嫌な場合、これはメンタルブロックが影響しています。

メンタルブロックを解消しないと前に進めない

一見すると褒め言葉のような言葉を嫌がってしまう場合、自分自身に大きな劣等感があったり、家庭環境や生活環境に嫌悪感があったりというトラウマてきななにかが原因になっていることが多いです。

例えば「立派な仕事」と言われて、「自分は立派な仕事と言われるのが嫌」であるのであれば、その裏には「ただ親の言われた通りに大学に行き、卒業し、就職しただけ。レールに沿った生き方だったから自分の意思はない」というような思いが隠されているかもしれません。

これは自分自身への劣等感と家庭環境に嫌悪感があるケースです。

つまりこの劣等感と嫌悪感がメンタルブロックということになります。

メンタルブロックを解除する(取り除く)方法にもっとも役立つ6つのステップ

2018.04.01

「自分は一生このままでいいんだ、このまま生きていくんだ」と思っている人であれば良いのですが、自分自身のなにかを変えたい、自分の数年後の未来を良いものにしたいなどの引き寄せたいなにか(願望など)がある場合には、これらを抱えたままではいけません。

例で挙げたように、本当に自分の仕事に対して劣等感や嫌悪感があるのであれば、マインドを変える努力をしてメンタルブロックを解消するか、思い切って職業を変えるしかありません。

「仕事は変えたくないけど、立派な仕事と言われるのは嫌」というのであれば、それは自分の仕事に依存していることになり、行動と心が矛盾していることになります。

優先順位はメンタルブロックの解消から

これらのメンタルブロックがある場合は、たとえ引き寄せの法則を学びたくても、いち早く自分の理想を手に入れたくても、いの一番にメンタルブロックの解消を目指していくほうが良いです。

このメンタルブロックは自分の心が成長していくに連れ、必ず邪魔になってしまうもので、「あのときにメンタルブロックを解消しておけばよかった」と後悔することになります。

心の成長や理想の自分を手に入れていくために、メンタルブロックの解消は必須条件なのです。

自分を見つめる、自分を認める

メンタルブロックの中には、無意識に責任転嫁してしまっていることがあるかもしれません。

親が悪い、世間が悪い、誰かが悪いなどなど、これらの責任転嫁は自分の気持ちは多少楽になるような気がしますが、自分自身の現実や環境は悪くなっていく一方です。

まずは自分自身のこと、自分自身の身に起きることすべてを「自分自身の責任である」と考えなくてはいけません。

それが納得できないものだったとしても、誰かのせいにしていてもなにも始まりませんし、なにも解決しません。

自分自身を一度見つめて、反省すべきポイントや依存してしまっていたことなどを冷静に分析しましょう。

そして、これまでそのまま生きてきてしまった自分を認めましょう。自分を責めるのではなく、認めるのです。

「ここからできることをしていこう。もう言い訳しない」というような決意が現れたら、自分を認めることができた証拠と言えます。

すごく苦しいことかもしれませんが、成長は苦しいものですし、楽に自分の理想や願望を手に入れることなんてできないんです。

自分の意見や思考を疑うことも必要

長く生きてきた人や自分なり経験が多いと思っている人に多いのですが、自分の意見は絶対、自分の思考は変えないという強情な人がいます。

頑固さ、強情は成長には不要で、素直さや謙虚さが必要な素材です。

そもそも本当にそれが正しい意見や思考であれば、現実社会でうまく渡り歩いているはずです。大きな悩みもなく、ある程度のびのびと楽しく過ごせているはずです。

もしそうでないのなら、何かしらの改善点があるということです。

この改善点を見つけていくために素直さや謙虚さが必要なのです。

よく言われる「他人の意見を聞き入れることも必要」の本質がこの部分になります。

誰もが知っている通り、人間は不完全で誤ちを犯す存在です。

完璧な人間、間違えない人間はこの世に1人もいません。ですから、「俺(私)の意見は絶対正しい」なんてことは独りよがりな自分だけの思い込みでしかないのです。

自分に嘘をつかないこと

人に嘘をつかないのは当然のことで、これが出来ている人は多いかもしれません。

しかし、自分自身の心に嘘をついてしまっている人が大勢います。

まず、メンタルブロックを抱えている人は、ほぼ全員自分自身の心に嘘をついているのです。

「お金を稼いでいる人は悪だ。自分はお金持ちにはなりたくない」といったお金のメンタルブロックを抱えている人は、「本当はお金がほしい」と思っていることが大半です。

でもその自分の正直な気持ちを認められなかったり、そんな自分が嫌だから仮面の自分を作っていってしまいます。

もっと正直に、お金がたくさんほしければほしいと宣言し努力すれば良いのです。なにも恥ずかしいことでもありませんし、むしろ経済的には素晴らしいことなのです。

ここではお金を例で挙げましたが、お金以外にも自分の心に嘘をついていることはたくさんありますので、自分自身のメンタルブロックに潜む偽りの自分を探してみてください。

必ず1つは見つかるはずですから。

正直に自分の心と向き合えたとき、そこからどんどん成長していきます。

ネガティブ思考の原因は生まれつき?家庭環境?それとも大人になってから?

2018.06.22

【引き寄せの法則】結婚したいのに出会いがない!改善できるたった1つの方法

2018.06.16

人の悪口を言うと波長が下がり、不幸になります。

2018.07.15

関根流セルフマインドプロデュースは様々な負の出来事を回避し、自分の理想に限りなく近づける。

2018.03.30
 この記事を書いた人
関根 浩平(Sekine Kohei/CekineCo)
コムコナ合同会社CEO/超感覚カウンセラー/マインドプロデューサー/起業プロデューサー

詳しいプロフィール