男性が結婚したいと思う女性の特徴




こんにちは、関根です。

男性には男性の理想の女性像、そして女性には女性の理想の男性像があります。

女性の中には「男は女性になにを求めてるのかわからん!」と嘆く人も多く、自分がどうなれば良いのか、ありのままで良いのか悩んでしまうこともあるようです。

僕は、男性が女性に対して言う「女なんだから◯◯」という意見や、女性が男性に対して言う「男なんだから◯◯」という意見があまり好きではありません。

意見という名の価値観の押し付け合いに感じてしまい、それを言い出したらキリがないですし水掛け論になるだけ。

もし言うのであれば、『男性(女性)にはこうあってほしい。その代わりに女性(男性)の私はこうでありたい』という「願望と自分自身に課す責任」の両方を言ったほうが醜い争いは避けられます。

・・・といっても、こう言える人はほとんどいないのですが。

というわけで、男性が結婚したい思う女性の特徴を「世間一般の男性の心理」に僕の個人的な意見も交えてお話していきますね。

男性が結婚したいと思う女性の特徴

多くの男性が好く傾向にある女性の特徴をいくつか挙げていきます。

男を立てられる女性

男性は「男として」という本質的なプライドを持っています。

少しナヨナヨした男性であってプライドを持っていないように見えたとしても、心の奥底にはプライドがあります。

昔は亭主関白な男性が多かったのですが、今は時代の変化とともに少なくなってきていますので、そこまでここを重視することはなくなりました。

ですから、「男を立てられない女性はNG」ということではなく、「男を立てると喜ぶ」「好きになる要素」としてお考えください。

優柔不断で自分のことを自分で決められない男性がいますが、このような男性に対しては「この男性の希望や理想を聞いた上で、女性が結論(行動)をまとめる役」になるとこの女性は好かれやすくなります。

※めんどくさいわ!というツッコミはなしの方向で(笑)あくまで、男性の心理を伝えているだけですので「こうなりなさい!」ということではありません。

クラスの学級委員長のようなタイプの人は、意見を出してもらってそれらをまとめるのが上手だったり、それを得意としている女性も結構多いです。

ですから逆に、意見をまとめるのが得意な女性は自分で自分のことを決めるのが苦手な優柔不断な男性がお似合いかもしれません。

一見、良くないイメージに見えるかもしれませんが、このタイプの男性は優しくてあまり怒ったり指摘してきたりすることはありません。

「男を立てる」というのは、外で褒める、一歩引く(2人以外のときに)、仕事を尊重する、見栄を張らせる、話を聞くなどが当てはまります。

外で褒めるや一歩引くというのは、人前での行動になります。2人でいるときにずっとこうしているのは女性も男性も精神的な負担になります。

謙虚で思いやりがある女性

お互いに尊重し合うためには「謙虚さ」や「思いやり」が必要です。

ですから謙虚で思いやりがある女性は男性から好かれやすいです。ちなみに男性は、女性のこういう姿を見ると「自分もなにかしないと」「なにかさせてもらいたい(してあげたい)」という気持ちになり、女性側が大切にされる傾向もあります。

いつでもポジティブシンキングな女性

明るい女性は誰からも好かれやすいです(同性からの嫉妬を除く)。

男性が疲れているとき、デートしているときに明るく接してくれるのはとても嬉しいものです。どちらも暗かったらお通夜みたいになっちゃいますから。

いつでもポジティブシンキングな女性がちょっと落ち込んでしまったとき、そのときは男性のほうがいつものお礼とばかりに支えてくれるかもしれません。

感情の起伏が激しくない女性

いつ激しい感情になるかわからない女性は、男性側が気遣いで疲れてしまいます。

逆に感情の起伏が激しくない女性であれば、男性は着飾っていないそのままの自分でいることができますから、長く一緒にいたいと思うようになります。

タイプによって理想は変わる

ここまではある程度、男性全般が好く傾向にある女性の特徴をお話してきました。

他には、品のある女性が好きな人もいますし、お笑い芸人のような面白いキャラクターの女性が好きな人もいますし、大らかで包容力のある女性が好きな人もいます。

言うなれば、男性のタイプによって女性の理想は変わるということです。

上手な恋愛をしていくためには

この記事は女性が読んでいる確率が高いと予測しますが、自分が男性に対して嫌だと思うことと良いと思うことは、男性からしても同じです。

つまり「自分はわがままで自由にしたいけど、相手にそれをされるのはイヤ」という自分本位の考え方であれば、それは好かれにくくなってしまうのは致し方のないことです。

人間関係や恋愛を上手に行なっていくためには、自分がそれを求めるのであれば自分もそうするべきであり、自分がされて嫌なことは相手にもしてはいけないということです。

ごくごく当たり前のことですよね。

恋愛や結婚は、ある人にとってはとても難しいことであり、ある人にとっては決して難しくないものなのです。

この「ある人」というのは、「自分自身の心の在り方、考え方、思考」です。

僕が思う一番大切なもの

なんだかんだ言って、僕が一番大切だと思うものは「思いやり」「気遣い(気配り)」です。これは男性女性問わずです。

人の気持ちを考えられる人はどの世界や社会にいっても有利で、人間的に好かれやすくなります。

自分のことしか見えていなければ当然思いやりや気遣いはできません。

思いやりや気遣いを考えすぎて自分のことが見えなくなるのはそれはそれで問題がありますので、「自己愛」と「他者への無条件の愛(これが思いやりや気遣い)」のバランスが最も大切なんだと思っています。

 

彼氏や旦那への不満を溜め込んでいるなら、上手な伝え方を知って問題解決しよう。

2018.04.05

人は得るもので生計を立て、与えるもので人生を築く。

2018.04.12
 この記事を書いた人
関根 浩平(Sekine Kohei/CekineCo)
コムコナ合同会社CEO/超感覚カウンセラー/マインドプロデューサー/起業プロデューサー

詳しいプロフィール