男性が結婚できない理由|無駄なプライドばかり高くなっていませんか?




こんにちは、関根です。

【男性編】結婚できない5つの理由

2018.04.29

上の「結婚できない男性の理由」として挙げた「プライドが高すぎる」について、より深く、より具体的にお話をしていきますね。

プライドとは?

まず、プライドの定義からお話しますと、、、

プライド(英語: pride)は誇り、自尊心、自負心を意味する言葉。

Wikipediaから引用

となっています。

そして、英語訳では、「自慢、得意、満足、自尊心、誇り、プライド、うぬぼれ、高慢、思い上がり、自慢のたね」となっていますので、ときとして良い意味合い、ときとして良くない意味合いの言葉になります。

無駄なプライドってどんなプライド?

無駄なプライドとは、「本来持つべきではないプライド」や「持たないほうが良いプライド」のことを言っているのですが、例として、次のようなものがあります。

無駄なプライドの例
自分の武勇伝を話し、自分が傷を負わないようにする
ちょっとした冗談を本気に捉えてすぐに怒り出す
人から自分の意見を否定されるとすぐに怒り出す
人から見下されたくないから見栄を張る
ちょっとした実績で傲慢・天狗になっている

無駄なプライドの例を挙げてみましたが、どれか当てはまっているものはありましたか?

プライドにはいくつかの心理があります。

他人から見下されたくなくて見栄を張るタイプの人、強い劣等感をプライドで隠すタイプの人などですが、プライドを持つこと自体は決して悪いことではありません。

自尊心が低下しすぎるとうつ病や自殺行為などの原因になるので、プライド(自尊心)が無さすぎるのも危険です。

恋愛(結婚)や女性に対するプライド

恋愛経験が少ないのに、机上の空論でつくりあげた恋愛観で「男はこうで、女はこうあるべき」という決めつけを行っている男性もいます。

また、年齢を重ねてきて女性に対してへりくだる姿勢(謙虚)を見せるのが苦手な男性もいます。

女性にアドバイスされるのがイヤだ、女性になにか言われるのがイヤだ、俺はこういう人間だからお前が合わせろ、(傷つきたくないから)自慢話や武勇伝を語る、間違った言動があっても謝らないなど、恋愛や女性に対するプライドもたくさんあります。

良いプライドは女性に魅力を感じてもらうことも

冒頭でもお話しましたように、プライドには「良い意味合い」のものもあります。

例えば、「男の責任として、女性のことをしっかりと支えるべき」というプライドを持っていたとしたら、これは女性からしたら嬉しいことです。

また「謙虚さを忘れずに、自分の仕事に誇り(プライド)を持っている」という人も女性は魅力的に感じる人もいますし、人としてもとても立派です。

ですが「傲慢」なのはNG。

傲慢というのは、おごりたかぶって人を見下すことです。いくら仕事ができたとしても、人を見下す人は男性からも女性からも愛されません。

良いプライドを保つためには「謙虚さ」が大切なのです。

女性を見下せば当然愛されない

「女性は弱い」という認識を持っている男性はかなり多いです。

ですから、同棲には強く言えない男性でも相手が女性であれば何でも言えます。暴言でもなんでも。

これは傲慢さや自尊心が強すぎるタイプで、言い換えるならば「小心者」「気が小さい」「内弁慶」となります。

力でいえばたしかに男性のほうが強いでしょう。しかし、力以外で言えば、女性のほうが強い面はたくさんあります。

痛みに強いのも女性ですし、生き抜く精神力が強いのも僕は女性のほうが強いと思っています。

男性と女性はあくまでも対等の関係です。それがたとえ年上と年下の関係であったとしても、人権は対等です。年上のほうが少し経験が多いというだけの話です。

自分の心が優先してしまうと、無意識に女性を見下していることもありますから今一度女性への思い(気持ち)を考えてみてください。

プライドを軽減させるために今日からできること

プライドの高すぎる男性が、今日からできる改善法を最後にお伝えしますね。

まずは思考を変えなければ変わることはありませんから、女性に対する思考を変えるところからスタートします。

方法は、「なぜ自分はそんなに自尊心が強いのか」「自分はどれだけすごい人間なのか」「プライドが高くなってから成長したところはあるか」などを自問自答していくことです。

自分で自分のことを「すごい人間だ」と思っている人ほど、そんなにすごい人ではありません。

女性に対して見栄で自分を塗り固めているとしたら、それは「あまりモテない行為」であることに気付くことも必要です。

というのは、男性は「女性に完璧な自分を見せたい。弱い自分を見せたくない」という心理を持っている場合が多いのですが、女性からすると、「自分には弱い部分も見せてほしい。ありのままの自分でいてほしい」と思っているのです。

男性の思考と女性の思考の違いです。

 

プライドが高すぎる男性は、自分自身と向き合うことが苦手です。

自分と向き合うのが怖くて、それから逃げるために見栄を張ったり、人を見下したりしています。

ネット上で誰かの悪口を言っている人たちも、実は自分自身への劣等感を他人に伝えています。自分を見ているようでイヤになり、「ついつい悪口を書きたくなってしまう」という心理ですね。

大前提として、今自分自身に満足している人は人を見下したり、見栄を張って人を欺くことはしません。

最終的な目標が結婚なのであれば、まずは自分自身を満足させようとすること、つまり「自分の弱さを認める」「自分とまっすぐ向き合う」ということをしていってください。

1日や2日ですぐに変われるものではありませんが、しっかりと自分と向き合っていけば徐々にプライドが和らいでいき、いつしか別人のように心の在り方が変わっています。

数ヶ月後の自分に期待をして、今日からがんばっていきましょう。

 

ダメ男(ダメンズ)がモテる理由はこれだ!

2018.04.25

メンタルブロックを解除する(取り除く)方法にもっとも役立つ6つのステップ

2018.04.01

男性が結婚できない理由|女性に対する優しさや思いやりを持っていますか?

2018.06.12

上の記事もぜひ参考にしてみてください。

 この記事を書いた人
関根 浩平(Sekine Kohei/CekineCo)
コムコナ合同会社CEO/超感覚カウンセラー/マインドプロデューサー/起業プロデューサー

詳しいプロフィール