【初心者向け】ブログで稼ぐ方法は「価値のある記事を正しく」が基本なのですが・・・




こんにちは、関根です。

ブログで稼いでいく方法は、ジャンルでわけるとたくさんあります。

例えば、SEOを基本集客としたGoogle AdSenseなどのクリック型の広告収入や、商品やサービスを紹介してその商品が購入されれば紹介料をもらえるアフィリエイトなどがあります。

SEO(検索エンジン最適化)については下の記事を参考にしてください。

【初心者向け】SEO対策とは?ブログで稼いでいくための超簡単な方法

2018.04.30

広告宣伝費を払ってアクセス数を増やすこと(PPC広告やメルマガ号外など)はできますが、いずれにしても「良質なコンテンツ(記事)」が必要です。

また広告費を使わずに、SEOを駆使してブログで稼いでいく場合は、「良質なコンテンツ」のほかに「正しいブログの書き方(作り方)」が必須条件になってきます。

ですが、残念ながら「正しいブログの書き方」を知らずになんとなくでブログを書いていたり、間違ってた書き方をしている人を真似したりしてしまっている人がたくさんいるのです。

正しいブログの書き方をしないということは、Googleから嫌われてしまうことを知らず知らずのうちにしていることもあるわけで、収益が上がらなかったり、アクセス数が増えずにモチベーションを下げてしまったりと、マイナスなことばかりです。

というわけで、正しいブログの書き方をお伝えしていきますので、自信のない人はぜひこの記事を参考にしてみてください。

こなつ

今回の記事は「価値のあるブログの書き方」じゃなくて、ブログで稼いでいくためのSEO対策やブログの基本の話だよ!

記事の書き方や価値のあるブログについてご覧になりたい方は、下の記事をご参考にしてね!

ブログで稼ぐ記事の書き方は「疑問に対しての答え」を書くこと

2018.05.22

Googleに好かれるブログの書き方

Googleに好かれるというのは、イコール、「SEO対策をする」ということです。

WordPressでブログ(記事)を書いている人も、アメブロ、その他のブログサービスでブログを書いている人も基本的にGoogleに好かれるブログの書き方は同じです。

タイトルに明確なキーワードを入れる

ブログで稼いでいく上で、これは基本中の基本です。

検索結果として表示させたいキーワードをタイトルに入れ込まなければ、Googleは検索結果に上位表示してくれません。

※上位表示とは、検索したときに出てくる1ページ目や、1ページ目の上のほうのことをいいます。

僕のお客様の中にも「どのキーワードで上位表示を狙ってるんだろう?」と疑問に思ってしまうほどキーワードの選定が甘く、ユーザー(読者)にとってわかりにくいタイトルを付けてしまう人が多いです。

例えば、コーヒーにめちゃくちゃ詳しい人が、コーヒーの豆知識や美味しいコーヒーの淹れ方などを紹介するブログを立ち上げたとします。

この場合、上位表示させたいキーワードは「コーヒー 淹れ方」や「コーヒー 豆知識」や「コーヒー 美味しい飲み方 簡単」などがあります。

基本的には「コーヒー」+「もう1つのキーワード」の2連で、もっと言えば「コーヒー」+「もう1つのキーワード」+「もう1つのキーワード」の3連が理想です。

ちなみに「コーヒー」「美味しい飲み方」「簡単」は3連になります。

Google AdSenseなどでキーワードをリサーチしながら、需要のあるキーワードを狙って正しくタイトルをつけていきましょう。

先ほども紹介しましたが、下の記事に初心者の方向けにブログを書いていく手順をお伝えしていますので、参考にしてみてください。

【初心者向け】SEO対策とは?ブログで稼いでいくための超簡単な方法

2018.04.30

記事内の見出しの順番

↑の「見出しと作り方と順番は正しく」というのが「見出し」(見出し3)です。

ちなみに見出しは「見出し1」「見出し2」「見出し3」「見出し4」「見出し5」とあるのですが、ブログではほとんど「見出し2」から「見出し4」までを使います。

「見出し1」は記事のタイトルの部分に当たるので、記事内で「見出し1」を使うことはありません。

見出しは正しく作り、正しい順番で使っていかなければいけません。

例えば、以下のような形はNGです。

「見出し2」

「見出し4」

「見出し3」

「見出し4」

正しい形は以下のような形になります。

「見出し2」

「見出し3」

「見出し4」

「見出し2」

「見出し3」

「見出し3」

このように、「見出し2」の次は必ず「見出し2」か「見出し3」をつくり、「見出し3」の次は「見出し3」か「見出し4」にする必要があります。

つまり、小さい数字から順々に作っていくことと、数字を飛ばしてはいけないということです。

ちなみに、「見出し2」→「見出し2」「見出し2」や「見出し2」「見出し3」「見出し2」「見出し2」はOKです。

ですが、「見出し3」→「見出し3」→「見出し3」や「見出し2」→「見出し4」→「見出し2」はNGです。

必ず最初は「見出し2」を作り、その後は「見出し3」か「見出し2」に戻ってください。

見出しの書き方のルール

上では見出しの順番についてお話しましたが、今度は書き方のルールです。

OKの例とNGの例を書きますので、どこが違うのかを見つけてみてください。

OK
見出し2

本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く

見出し3

本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く

見出し3

本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く

NG
見出し2

見出し3

本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く

見出し3

本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く本文を書く

OKとNGの違いはわかりましたか?

OKの例では、「見出し2」の下にもしっかりと本文を書いていますが、NGの例では、「見出し2」の下にすぐに「見出し3」が来ています。

見出しというのはあくまでも見出しです。

見出しと見出しの間には必ず本文を書き込まないといけません。

このミスをしてしまっている人は結構多いので、どうぞご注意ください。

絶対にやってはいけないこと

最後は、絶対にやってはいけないことをお伝えします。

それは、SEO対策のために本文にたくさんキーワードを入れたいからといって、不自然な文章にしたりキーワードを無意味に並べるのはGoogleからのペナルティの対象となります。

つまり上位表示してもらえないということです。

また、白文字でキーワードを本文内に書き込んでいる(隠している)人もいますが、こちらもペナルティの対象です。

ごくごく自然に、普通の文章や言葉としてキーワードを適切に入れ込んでいくのが正しいブログの書き方になります。

 

初心者の方向けに、最低限覚えておいていただきたいことをいくつかお伝えしました。

このブログに書かれている正しいブログの書き方を実行し、NGなことは絶対に避けるようにブログの更新をしてみてください。

今後も初心者の方や中級者の方に向けて、ブログでの稼ぎ方や正しい書き方などは更新していく予定です。

ウェブの世界はコロコロ仕組みやルールが変わり、それと同時にウェブマーケティングの方法や手法もどんどん変わっていきます。

ブログで稼いでいくのであれば、新しい情報をきちんと正しく理解し、間違った方法を行わないように注意していきましょう。

独自ブログ(WordPressなど)は財産です。

財産を財産にし続けるために、一緒に頑張っていきましょう。

【2018年】アメブロとWordPress(ワードプレス)はどっちのほうが集客できるのか

2018.04.21

自分が倒れてもお金が入ってくる仕組みを作るキャッシュポイントの増やし方

2018.04.08

【初心者向け】アフィリエイトの仕組みと正しい稼ぎ方を説明します。

2018.04.09