夫婦円満のコツ・秘訣を5つご紹介します




こんにちは、関根です。

既に結婚されている人は、自分たち夫婦は仲が良いと思いますか?それとも仲が悪いと思いますか?

喧嘩が多いから仲が悪いということでもありませんし、喧嘩をしないからといって仲が良いとも限りません。

仲の良い夫婦とは、互いを思いやる気持ちを持ち、良いことだけでなく問題や困難も協力しあって乗り越えていける関係であると僕は考えています。

というわけで今日は、夫婦円満のコツ・秘訣についてお話していきます。

夫婦円満のコツ

夫婦円満のコツを5つご紹介します。

すべての項目に「楽しさ」「ロマンチック度」「信頼度」のバロメーター(◎/◯/△)をつけています。

楽しさロマンチック度信頼度
2人にとっての楽しさがあるかどうかロマンチックさ、感動があるかどうか信頼度がアップするものであるかどうか

こちらも確認しながら読み進めてみてください。

1、冗談が言える関係

「面白く」「楽しく」がキーワードになる夫婦関係は、いざ乗り越えなければいけない状況になっても「冗談を言い合える関係」が功を奏し、あまり重苦しい空気にはなりません。

日頃から冗談を言い合い、それに対してツッコむなどをしている男女は、「冗談」や「笑い」から信頼関係を作ります。

この場合、お互いが「楽しい結婚生活にしたい」という思いがあれば実現できます。もしくはどちらも恥ずかしがり屋である場合にはこの方法はオススメです。

ロマンチックさは弱くなりますが、その分面白さや信頼関係は抜群です。

楽しさロマンチック度信頼度

2、思いやり合戦

ついつい自分のことに一生懸命になりがちですが、思いやりの気持ちを忘れずにお互いに与え続けることです。

どちらかに思いやりがなくなるとそこからどんどん関係性は乱れて「あなたはあなた、私は私」になっていってしまいます。

それぞれに言えることですが、「男性は女性を支える」「女性は男性を支える」といった責任がありますので、この考えを見失わないようにしていきたいですね。

楽しさロマンチック度信頼度

3、簡単な愛情表現を疎かにしない

とくに女性はスキンシップ(愛情表現)を強く求める傾向にあります。

しかし男性側が女性の気持ちに気づかずにそのまま放置してしまうと、女性はモヤモヤ感を覚え、ストレスを溜め込みやすくなります。

「1、冗談が言える関係」であれば、スキンシップがないことを冗談を交えて言えたりもしますが、逆にそれを本気で捉えてもらえないこともあるかもしれません。

またもともとあまり冗談を言わない関係ですと、スキンシップを要求するのが難しい場合もあります。

「触れる」という行為もスキンシップのひとつです。

簡単なスキンシップから日常生活の中で取り組み、長い目で見た場合にはそれをクセづけておくことがとても大切です。

楽しさロマンチック度信頼度

工夫次第ではロマンチック度をどんどんアップさせていくことも!

4、時間を共有する

夫婦と恋人は似て非なるものかもしれません。

価値観ですから「同じ」という人もいれば「違う」という人もいます。

僕は夫婦円満にはある種「恋人である」という認識を常に持っておくほうが良いと思っています。

それは「夫婦」の場合は「家族」になってしまうため、お互いが変に安心をしないためでもあります。

2人の時間を共有するタイミングをつくることで、コミュニケーションも十分に取りやすくなりますし、楽しさも倍増します。

オススメはショッピングやドライブ、それから温泉旅行などです。

楽しさロマンチック度信頼度

5、常に感謝の意識を持つ

「してもらって当然」という意識を持つと人間関係のトラブルが起きやすくなります。

夫婦であってもそれは人間関係であって、相手への感謝の気持ちを忘れてはいけません。

感謝は「言葉、態度、行動」の3つで表すことができます。

上辺ではなく心から「ありがとう」を言うこと、「してもらって当然」という態度を持たないこと、思いやりのある行動やちょっとしたサプライズプレゼントも感謝の気持ちになります。

※プレゼントなどは見返りを持ってはいけません。あくまで、自分がしてもらっていることへの感謝の気持ちや相手に喜んでもらいたいという純な気持ちです。

楽しさロマンチック度信頼度

コミュニケーションを大切に

夫婦円満のコツや秘訣は考えれば山ほどあるのですが、結局はコミュニケーションに勝るものはありません。

コミュニケーションというのは、すれ違いや問題が起きたときにどちらもちゃんと問題に向き合うという意味も含まれています。

お互いの勘違いで溝ができてしまった夫婦の場合、その多くはコミュニケーション不足が原因です。

そして夫婦間のトラブルの原因の多くは「思いやり」の不足とコミュニケーション不足が原因です。

「忙しい」「相手が話を聞いてくれない」などの言い訳をつくるのは簡単です。「だったらどうすれば良いのか」を自問自答し理性的に考えていかなければ問題は解決しません。

そして人のせいにするのも簡単です。

自分自身の行動、思考を今一度改め、仲の良い夫婦になっていけるようにまずは自分から積極的に努力してみましょう。

彼氏や旦那への不満を溜め込んでいるなら、上手な伝え方を知って問題解決しよう。

2018.04.05

負けないで!モラハラ夫の特徴と対処法

2018.05.04