境界性パーソナリティ障害の症状「見捨てられ不安」の癒し方




こんにちは、関根です。

境界性パーソナリティ障害の症状(特徴)に「見捨てられ不安」というものがあります。

見捨てられ不安というのは、「自分はこの人に見捨てられてしまうかもしれない」という不安です。

この不安な気持ちをどのように癒やしていくのかが境界性パーソナリティ障害克服へと繋がっていきますので、今日は「見捨てられ不安」の癒し方についてお話していきますね。

境界性パーソナリティ障害とは

まず、境界性パーソナリティ障害についてです。

境界性パーソナリティ障害、または境界性人格障害(BPD/ボーダー)とは、気分の波が激しく感情がとても不安定、物事の良し悪しを両極端に判断したり、強いイライラ感が抑えられないといった症状を持つ精神疾患です。

特効薬はない

見捨てられ不安の癒し方について最初に認識する必要があるのは、「見捨てられ不安」に特効薬はないということです。

言葉でいくら「見捨てないから大丈夫」となだめても、それを信じることが難しいのです。

心の中で2つの感情が喧嘩しています。

1、見捨てないで欲しいという気持ち
2、どうせ見捨てられるという気持ち

「見捨てないで欲しいけどどうせ見捨てられるんだ」という感情が自分自身を苦しめていて、その不安がとくに強くなったときに自傷行為などの行動を取りやすい傾向にあります。

これは感情や思考であり、すぐにどうこうできるものではありません。

時間をかけて、ゆっくりと癒やしていくものと思ってください。

成功体験を作ってもらう

「見捨てられ不安」の根本的な原因は「見捨てられた」という経験や幼いころに味わった記憶などが原因であると僕は思っています。

「見捨てられた」という経験はそのままの意味で、「親」「恋人」などが当てはまります。

「幼いころに味わった記憶」というのは、例えば共働きの両親が「自分を置いていつも仕事に行ってしまう」「泣いても仕事に行ってしまう」記憶です。

実際にこれは見捨てられたことにはならないのですが、幼い子の思考ではそれが見捨てられたと思ってしまうこともあります。

経験や記憶が原因となる場合、成功体験をつくることでその傷が癒えていくことがあります。

この場合の成功体験とは、境界性パーソナリティ障害のお子さんや彼氏彼女に対してどんな状況であっても「自分は見捨てないよ」という姿を見せ続けることです。

言葉で言わなくても、その姿を見せるだけで十分なのです。

そうすると「自分がこれをしても見捨てないでくれた」という成功体験が1つ作られます。この積み重ねです。

試す行動に対しても見捨てない姿

境界性パーソナリティ障害の場合、本人に悪気はなくても「見捨てられるかも」という不安から誰かを試す行動も多々見受けられます。

試す行動から安心を得ることをしているのです。

ですからこのような試す行動に直面しても、「そんなことしても、自分はあなたを見捨てないよ」という姿を見せる必要があります。

親と子の関係において「次暴れたら入院させるよ」などの脅し文句のような言葉は逆効果になることが多いです。

とくに一度でも入院の経験をしている子の場合はなおさらで、拒絶反応からさらに暴れたり、親のいないすきに家出をしたりすることもあります。

どうしても「次暴れたら入院」ということを伝えたいのであれば、その伝え方に工夫が必要です。

一方的に頭ごなしに伝えてしまうようでは反発されてしまいます。

見捨てないからこそ厳しい心を持つ

見捨てる気があれば、その人がどんな状態であれどんな症状であれ、なにも気にしないと思います。

見捨てる気がないからこそ心配し、悩みます。

この気持ちは境界性パーソナリティ障害の人にはなかなか分かってもらえない部分ではあるのですが、心の奥底で理解はできているはずです。

境界性パーソナリティ障害を患っているのがお子さんでも、彼氏彼女でも、見捨てない決心があるのであれば自分自身の厳しい心を持たなければいけません。

なんでもかんでも許すことや甘えさせることは本人のためになりません。好きだからこそ、愛しているからこその厳しさが必要で、それは本物の優しさなのです。

 

これらの工程を地道に繰り返すことで、幼いころに心に負った傷や「見捨てられるかも」という不安が少しずつ癒えてきます。

注意点として、境界性パーソナリティ障害の特徴として「曖昧な表現を嫌う」という傾向がありますので、「期待させるような言葉」はあまり言わないようにしてください。

決まっていることを分かりやすく、誰にでも理解できる言葉を使って話していくことを心がけてみてください。

曖昧な表現を使うと、実際に言っていないことであっても「こうするって言ったじゃん!」「前と違うこと言ってる!」と怒り出して、また荒々しい行動をしてしまうかもしれません。

注意しながら、様子を見ながら、伝え方を工夫してみてください。

お知らせ

僕の彼女は境界性パーソナリティ障害を患っていました。彼女と出会ってから克服までの流れは大まかに下記の記事でお話しています。

境界性パーソナリティ障害の特徴と2年でほぼ治った彼女の話

2018.04.11

そして、決してお医者さんは推奨しないであろう方法・戦略で僕が境界性パーソナリティ障害だった彼女に行なったことなどを詳しく書き綴ったコンテンツを公開しました。

タイトルは、『境界性パーソナリティ障害の彼女と本気で向き合った2年間』です。

多くの方に真似をされてしまってはいけませんので、ブログでは書くことのできないことがこのコンテンツには書かれています。

「病気を治す参考」にはならないと思いますが、彼女の心の叫びを感じ取った鑑定方法や彼女が大暴れしてしまったときの対処法なども含め、できるだけ時系列に沿って書いています。

有料コンテンツではありますが、病気で苦しむ方や親御さん、境界性パーソナリティ障害のパートナーを持つ方にぜひ読んでいただけたらと思っています。

またご購入者様限定で18,000円相当の特典をお付けしております。

 

その他、境界性パーソナリティ障害の記事一覧は「こちら」からご覧いただけます。

境界性パーソナリティ障害の人への接し方でやってはいけない3つのこと

2018.04.24

境界性パーソナリティ障害を患う子のお母さんは共依存と過保護である可能性が高い

2018.04.17

境界性パーソナリティ障害の原因は生まれつき?それとも家庭環境?

2018.04.11