【男性編】結婚できない5つの理由




こんにちは、関根です。

そろそろ本格的に結婚を考えているが相手がいない、チャンスがあれば結婚しようと思っていたがもうこんな歳になってしまった、なんて思っている男性も多いと思います。

結婚したいのにできない男性には、とくにコミュニケーションや思考に共通点があります。

というわけで、結婚ができない理由の男性編をお話していきますね。

【女性編】結婚できない5つの理由

2018.04.29

女性編は上の記事をお読みください。

結婚できない理由①:プライドが高すぎる

プライドが高すぎる男性は、自分のプライドを守ることに必死になりすぎてしまい、女性の気持ちを考えた行動がとても苦手です。

「なんで俺がこんなことしなきゃいけないんだ」というような自分本位の考えは女性にモテるどころか、人からもなかなか信用されず、人間関係においても難があるかもしれません。

女性は「守ってくれる人」「話を聞いてくれる人」「少しスキがある人(少年心のような)」を無意識に好く傾向にあります。

また、自分のプライドを守るために「嘘」をつく男性もとても多いです。

職業、年収、過去の実績などなど、自分の魅力を女性に見せつけようとするのですが、そもそも嘘がバレたときには大問題になりかねません。

男性はもともとプライドが高い人が多いのですが、必要以上のプライド、自分自身を保つためだけのプライドは結婚を遠ざけてしまうことになりますので注意が必要です。

結婚できない理由②:優しさや思いやりがない

女性が男性を嫌う特徴として「ケチ」「自己中」「マナーが悪い」などがあります。

ネットの掲示板を見ていてもよく異性問題で挙がるのが「お金のこと」なのですが、僕は毎回違和感を覚えます。

男性側がデート代や食事代を全額支払う義務はありませんが、恩着せがましく振る舞うのもおかしいですし、これから家族になるかもしれない人に対して「絶対割り勘」とハナから決めつけるのも僕はどうかと思います。

仮に結婚を考えていない場合であっても、男としての懐の広さは見せてほしいと思ってしまいます。

こういう話をすると「支払ってもらって当然だ!と思っている女性もいるから、それが嫌なんだ」と反論してくる人もいると思うのですが、それはもう、そういう女性としか出会えないあなたに問題があります。

「相手は自分の鏡」「類は友を呼ぶ」「波長の法則」という言葉がありますので、これを忘れてはいけませんね。

思いやりや優しさは女性に対する接し方においてとくに大切で、女性の心をケアする役目、話に耳を傾けて女性のストレスを軽減する役目も男性にはあります(もちろん女性側にも必要な思いやりでもあります)。

女性はコミュニケーションをとることでストレスを軽減したり、モチベーションをアップしたりする性質を持っていますので、自分中心の考えではなく、女性への気配り心配り、優しさや思いやりが必要です。

結婚できない理由③:言い訳を作っている

「お金がないから結婚できない」
「仕事がまだ落ち着かないから結婚できない」

このような言い訳を作っている男性もとても多いです。

年収が400万円以上ある25歳〜35歳の男性は全体の2割程度と言われている昨今、高収入じゃなければ結婚できない時代ではありません。

世の中を見渡せば、フリーターで結婚してる人もいますし、ニートでも結婚してる人はいます。

このような場合はもちろん男女が協力して、生活できる最低限のお金は稼がなければいけませんが、それも夫婦にとっては大切なミッションのひとつなのかもしれません。

僕が昔知り合った夫婦は、お金が本当になくて2人で1杯の牛丼を分け合って食べたと話していました。

こんなひもじい思いをしていてもそれがすごく面白かったようで、2人で笑いながら完食したそうです。そして夫婦仲がそれを気にすごく深まったそうです。

お金のことって、意外となんとかなります。

言い訳を作っているのは自分自身で、本当にそれが「結婚できない理由」なのかを今一度よく考えてみましょう。

結婚できない理由④:勘違い男

女性が相談してくる場合、アドバイスがほしいわけではなく「話を聞いてもらいたいだけ」ということはよくあります。

これを「自分が頼られている」と勘違いしてしまい、ついつい説教じみたアドバイスをしてしまうと女性からは敬遠されてしまいます。

また自慢話が多い勘違い男、武勇伝を語る勘違い男もいます。

余程のスーパースターの話であれば興味津々に聞いてくれる女性もいるでしょうが、婚活や男女の出会いの場でそのような話は女性からすると興味ありません。

よく言われていることなのですが、婚活などでは、30代後半や40代後半の人は20代の若い女性にアタックをする確率が高いそうなのですが、たとえ高収入だったとしても、それは女性からすると「真の魅力」にはなりません。

「能ある鷹は爪を隠す」じゃありませんが、女性は第六感が優れている人が多いですから、直感で「この人つまんない」「結婚しても自慢話ばっかりだろうな」と思われてしまうとそこでチャンスがなくなってしまいます。

コミュニケーションの場で大切なのは、相手の反応、相手の興味を敏感に感じ取っていくことです。

結婚できない理由⑤:身なりを気にしない

これはもう単純に、第一印象を気にしなかったり、だらしなく見える身なり、不潔な人は女性からは嫌われてしまいます。

年相応の身だしなみ、そして不潔に見えないようにしっかりと髪を整えたり、無精髭に見えないように整えたりの最低限のケアは必要です。

そして表情も大切なポイントなのですが、ぶすっとしていたり、人を睨むような表情をしているようでは女性は近寄りがたいです。

笑顔の人には笑顔が集まってきますので、口角を少し上げる意識、暗い表情にならないように普段から意識しておくことが大切です。

「俺は内面で勝負したいんだ!」という気持ちはわかります。

ですが、人は第一印象(先入観)で物事を決めやすい性質がありますので、最低限の明るい表情やきちっとした身なりは必須なのです。

まとめ

結婚の意識が低い男性も多く、「家庭を持つ責任」をずっと持てない人もいます。夜遊び、お酒の付き合いなど、結婚してからもずっと同じ環境では結婚は遠のいてしまうかもしれません。

ここで挙げた5つの理由を自分自身の身に置き換えていただき、「結婚できる男」に変わっていただきたいと思っています。

理想の結婚相手と出会うための3つの思考と3つの行動【引き寄せの法則】

2018.04.19

関根流セルフマインドプロデュースは様々な負の出来事を回避し、自分の理想に限りなく近づける。

2018.03.30

ダメ男(ダメンズ)がモテる理由はこれだ!

2018.04.25