ダイエット成功に導くたった2つのコツ




こんにちは、関根です。

「痩せたい」が口癖で、いつまで経ってもなかなか痩せられないで悩んでいる女性は大勢いらっしゃいます。

厳密に言うとそれは「悩み」ではないのですが、やはり「楽して痩せたい」と思ってしまうのが人間のサガというやつですよね。

僕は去年(2017年)の7月からダイエットをはじめ、たった2ヶ月間で10kg以上のダイエットに成功しました。

難しい方法なんて一切行なわず、至ってシンプルに、楽しみながらダイエットを行ない、2018年4月現在もリバウンドせずに体重をほぼ維持し続けています。

ダイエットのコツはたった2つです。

というわけで、今日はダイエットを成功させるためのコツをしっかりとお話していきますね。

ダイエットのコツ①:思考を変える

ズバリ一番大切なポイントは「思考を変える」ということです。

病的な場合、または薬の副作用などを除き、太っていることは自分自身の甘えによる結果です(小さい頃からの場合は親が原因の場合も)。

自分自身の意思が弱いことが原因で太ってしまっているということを認めなければいけません。

僕は仕事柄生活のリズムが不規則になりがちです。

徹夜をして夜中にラーメンを食べたり、ちょっとしたおやつを時間関係なく食べたり、朝と昼ご飯が食べられないときは夜ご飯を大量に食べたり・・・

生まれつき筋肉質らしく、学生時代にはスポーツや筋トレをしていたので、急激には太りにくい体質ではあるのですが、ついつい油断をすると顔がまんまるになってしまいます。

ちなみに身長は178cmで当時の体重は72.5kg〜74.0kg、人生最大で74.6kgです。

※身長178cmの理想体重は69kgほどです。
※理想体重とは、一番健康でいられる確率が高い体重です。

学生時代から10年間で1kg〜2kg増えましたが、行ってしまえば学生時代からちょっと太っていた感じですね(笑)

たまにダイエットしたい感情が生まれ、70kgぐらいまでは体重を落とすことは何度かあったのですが、目標体重に達成してからすぐに気が緩んでしまい、結局また元の体重に戻っていました。

そこで、本格的にダイエットをしていくためにはまず「思考」が大切であるということに気付き、自分の弱さや甘さを徹底的に洗い出しました。

不規則な生活だったとしても食事の時間を決めれば大丈夫ですし、夜中にお腹が空いてしまっても、それは自分が起きているのが悪いというセルフマインドコントロールもしました。

まずはダイエットを成功させるための思考を整える必要があります。

例えばストレスが溜まりやすい環境にいて、ついつい甘いものをパクパク食べてしまう女性であれば、そのストレスから逃げる思考ではなく、ストレスと向き合う思考、ストレスを改善していく思考に変えていくことが必要です。

この場合の一番早い思考の変え方は、「甘いもの」をなにかと置き換えることです。

甘いものを欲するのは「精神的なもの」ですから、置き換えをつくる場合も「精神的なもの」であるのがダイエットが成功しやすくなります。

ですが「甘いもの」に置き換えることって案外難しいので、「甘いものは今は我慢すべき」という洗脳(マインドコントロール)を自分にしてしまうのが一番効果的です。

そしてついでに「ダイエットは楽しい」という洗脳をするための意識も植え付けてしまいましょう。

例えば、「痩せたら人に『痩せたね』って言ってもらえる」「体重計に乗るのが楽しみ」などです。

ダイエットのコツ②:目的を明確にする

そして2つ目のコツは「目的を明確にする」ことです。

ダイエットにことごとく失敗している人の特徴は、明確な目的が定まっていないのです。

明確な目標というのは、「◯◯したいから絶対痩せる!」「綺麗になって可愛い洋服を着たいから痩せる!」などの理由付けです。

またこの理由付けが甘いと「まぁ、いっか」となってしまうので注意が必要です。

自分自身の夢や目標を理由付けにする場合には「まぁ、いっか」となりがちですので、もし自分以外の誰かのために痩せる目的にできるのであれば、なおGOODです。

僕は自分以外の誰かのための理由付けが難しかった(もっと太っていたら家族やパートナーに痩せてと言われるのでしょうが・・・)ので、僕は今後必ず必要なスキルを「目的・理由付け」にしました。

それは、「興味のないことであっても継続する力を身につけること」です。

僕は自分で会社を経営しているので仕事はすべて興味のあることをしています。

しかし、売上を伸ばすため、集客するため、継続した収益を発生させるためには「興味のないことも日々行なっていくもの」も存在します。

そして僕はダイエットには興味がありませんでした。好きなものを食べたいときに食べたいですから(笑)あ、好き嫌いはないんですけどね。

この目的でダイエットを成功させれば、ダイエットと継続スキルの2つを得られると考えたのです。

目的がブレるとダイエットは成功しにくいです。ですから、ブレることのない「確実に得たい自分」を目的にしましょう。

理想のダイエットの流れ

このブログでも何度も登場している言葉(方程式)ですが・・・

「気付き」×「思考」×「戦略」×「行動」=「理想の結果(理想の自分)」

です。

ダイエットを成功させるコツは「思考」と「目的」とお話しましたが、この2つをガッチリ決めていくと「戦略」と「行動」が必然的に浮かび上がってきます。

※「気付き」は「目的」を決める段階で得ているものなので、この場合は「気付き」を探していくことは不要です(自ずと浮かび上がる場合はあります)。

僕の場合ですがまずダイエットの戦略として、夜ご飯をたくさん食べる無意味(あとは寝るだけだからという理由)さに気付いていたために、食べたいものは朝ごはんとお昼ごはんをに食べることにしました。

なるべくタンパク質が摂れるもので低脂質のものにして、お肉は鶏肉(ささみや胸肉が良い)を多めに食べるようにしました。

当然お菓子は食べませんでした。

夜ご飯は本当に軽い食べ物(サラダや豆腐、その他低カロリー&低脂質の食べ物)にして、ちょっと良い純度100%のハチミツを寝る前にスプーン1杯食べ、脂肪燃焼効果と不足分の栄養素を取り入れました。

寝る前と朝起きてすぐのハチミツは本当にオススメです。ただし必ず純度100%のハチミツにしてくださいね。

このように、「思考」と「目的」がしっかりカッチリ決まると、戦略は自分自身で見つけていくことができるようになります。

知りたいことをすぐに調べたり、効果のあるものを積極的に取り入れてみたりして、僕は毎朝・毎晩の体重測定が楽しみで仕方ありませんでした。

停滞期も必ずありますし、あまり食べてないのに体重が増えてる日もたくさんあります。

ですが、いろいろダイエットのことを調べていたので「絶対に痩せられる自信」があり、僕はまったく凹むことはありませんでした(あれ〜?!  とは思いますが  笑)

体の水分量やむくみによっても体重は1キロぐらい変わるので、一喜一憂しないほうが精神的には良いです。

結果的に、約2ヶ月でMAX12kg痩せることができたのですが、明らかに体重を短期間で落としすぎていたので、+3kgぐらいは許容範囲にして、「体重維持期間」を4ヶ月ほど確保しました。

今現在(2018年04月)でダイエット開始から9ヶ月経過しますが、現在の体重は64kg〜65kgを維持しています。

数ヶ月前まで63kg〜64kgを維持していたのですが、精神的なもの、肉体的なもののバランスを考えたときに、僕が一番体調が良かったのが64kg〜65kgでしたので、少し体重を増やしました。

ちなみに今も毎日体重管理は行ないますが、ダイエットはしていません。

ですが、体(とくに胃腸)のことを考えて、寝る3時間前はなるべく食べないようにしています。

自分の体について研究すること

ネットでダイエットのことを調べるとたくさんの情報が出てきます。

しかし自分の体は自分でいろいろ試していかないとわからないことばかりです。

僕は、いろんな食べ物を買ってダイエットハンバーガーを作ってみたり、ダイエットキムチを自分で漬けてみたり、いろんな工夫をして体や食べ物の研究をしました。

痩せる!なんで痩せないの!の感情論ではなく、痩せたら痩せた理由、ダイエットしてても痩せられない場合はその痩せられない理由を調べていかないと問題は解決しませんし、再現性もありません。

健康的に痩せて、ダイエットが終わったら健康的な食生活に切り替えて「自信」を身に着けましょう。